2008年01月29日

FX無理は禁物

FXをする際に必ず念頭にとどめておく必要があるアドバイスは、絶対に無理をしないことである。
何度もしつこく言っているが、レバレッジは2〜3倍にとどめておく。たまに、損失が膨らむと慌ててレバレッジを高めにして、早く損失を取り戻そうとする人がいるが、これは実に浅はかで危険な行為である。そんなことをするくらいなら、早めに損切りをした方が賢明である。
そして、為替差益は「おまけ」と考えておくことだ。もちろん、このFXを自分のメインの収入源として考えているならば別だが、他にメインの仕事を持っている人ならば、このFXでは金利確保を目的に考える。取引を続けている中では予想外の為替差益を得られることもあるであろう。しかし、大事なのは、為替差益の追求ではなく、金利収入の確保なのだということを自分の中で明確にしておけば、相場変動の渦に巻き込まれずに済む。
結局のところ、為替投資というものは金利で稼いでいくのが一番効率が良かったりするのである。プロの外貨ディーラーは一定の期間内にある程度の収益確保をノルマとして課せられているので、長期で金利収入を確保するといった取引は許されない環境にあるのだ。それができる素人の私たちは、プロ顔負けのリターンを稼ぐチャンスがここにある。このチャンスを最大限に生かすことが私たち素人がFXで大きく儲ける最大の秘訣なのだ。


ラベル:FX
posted by lovebeer at 23:01| ドバイ | 成功のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

FX現受け

誰でも円高による為替差損は避けたいはずだ。何度も言うように、私のように長期投資をして金利収入を確保する投資法するのがいいのだが、、、
絶対に為替差損を被りたくないのであれば、最初から円に戻すことを考えずに運用するという方法もある。外貨で運用し、外貨でキャッシュバックする「現受け」という仕組みがあるのだ。
たとえば、豪ドルで運用していたのに、予想以上に円高が進んでしまい為替差損を被ってしまったとしよう。マージンコールがかかってしまったら策は3つある。
 その1、損切り:とりあえずは取引をすべて終了させ、預けてある保証金から損失分を支払う。
 その2、保証金追加:担保力を元に戻し、その取引を継続させる。
 その3、現受け:外貨のままキャッシュを受け取る。
保証金が10万円で、1豪ドル=90円、1万豪ドルを買って損失が生じ「マージンコール」がかかったとしよう。マージンコールがかかった時点の為替レートが1豪ドル=85円とすれば、1万豪ドル買っているので評価額は85万円だ。現受けするには、10万円の保証金を評価額の85万円から差し引いた75万円を追加で納めて、1万豪ドルをキャッシュで引き取るという方法だ。
こうして現受けした豪ドルを、外貨のまま外貨預金の口座に送金してもらえば、FXのスワップ金利のように高い金利収入は期待できないが、多少の金利はつき、あとは豪ドルのまま使えばいいのだ。外貨決済ができるクレジットカードを使ってもよいし、外貨のままトラベラーズチェックを購入するという策もある。
確かに、追加で現金を入れなければならないので、なんだか得したのか損したのか曖昧な気もするだろうが、現受けして外貨をキャッシュで受取り、それを海外旅行などで使ってしまえば、少なくとも為替差損は気にしなくてすむ。
海外旅行で使うお金を有利な金利で運用できたと考えればよいのだ。
ラベル:FX 現受け
posted by lovebeer at 23:19| ドバイ ☀| 成功のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

FX情報源の確保

私のように長期にスワップ金利メインでの投資であれば、それほど頻繁に売買を繰り返すわけではないので、情報と睨めっこする必要はない。が、やはりどのような投資法をするにしても、ある程度リスクのあるものに投資するのであるから、最低限の情報は入手しておく必要がある。
FXを始める際、取引業者に口座を開くと大抵の業者はロイターやブルームバーグのなどの情報配信会社からの情報提供を受けられるようなシステムが用意されている。基本的には、このツールで得られる情報だけで十分ではないかと思う。

以前は通貨の情報といえば、米ドルとユーロといったメジャーな通貨のものしか入手することが難しかったが、最近では高金利通貨に投資する動きが多いからか、NZドルや豪ドルの情報も比較的容易に入手できるようになっている。
ということは情報入手が難しい通貨には投資しない方が無難とも言えるわけだ。
FXに限らず、資産運用するうえで情報は必要不可欠であり、情報がなければ何をどう買えばいいのか売ったらいいのか判断が下せなくなる。

取引通貨を選ぶ条件の一つとして、きちんと情報提供が受けられるものかという事も重要である。
ラベル:FX
posted by lovebeer at 23:00| ドバイ ☀| 成功のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。